オンライン英会話の現役生徒が語るリアル情報

子供のころから始めたい

    

経済のグローバル化が進み、グローバルな人材育成が求められる中、小学校から英語教育が始まることが決まりました。
これまでは小学生で英会話などを習っていると、一歩先んじている感がありましたが、これからは当たり前の時代になるでしょう。
就学前に英語のレッスンを始めるのが、普通の時代になるかもしれません。
語学の学習は小さいころほど身に付きやすいと言われています。
赤ちゃんがママやパパに話しかけられながら、自然に日本語を習得していくのと同じで、早ければ早いほど楽に習得できるといわれています。
そのため、赤ちゃんがママと一緒に習うクラスや、乳幼児のクラスがあるスクールで、早い段階で学び始めるのもおすすめです。
幼少期のクラスでは、ABCの歌やカードゲーム、しりとりなどの遊びを通じて、英単語や簡単な会話など、同じ年頃の子とのコミュニケーションを学んでいきます。
小学校に上がる時期になれば、英会話に加えて、学校での授業にも対応できる内容となってくるのが一般的です。
さらに、中学校に上がると、レベルアップした英会話のレッスンに加え、構文など学校の試験対策に対応してくれるスクールもあります。
お子さんの英語力をトータルに高めたいならば、英会話やヒアリングの耳と口を使ったスキルだけでなく、読み書きの力も付くスクールを選ぶのがいいのではないでしょうか。
英検やTOEICなどの検定試験対策や、高校受験、大学受験の試験対策もできるスクールはさらにおすすめかもしれません。