オンライン英会話の現役生徒が語るリアル情報

身に付く英会話

    

これからは英語が大切だ、英会話を習得しよう、という英語に関する関心の高さは、おそらく、第二次世界大戦での敗戦以来、わが国では基本的な潮流であったといえるでしょう。
そのような、我が国における英語習得への関心の高さが、英語を学ぶには早い方が良いということから、文部科学省の小学校において新学習指導要領が変わり、平成23年度から小学校5・6年生において「外国語活動」、つまり英語の授業が必修化されたと考えられます。
授業の目的は、英語に慣れ親しませるための音声活動を中心に、コミュニケーション能力の土台を養うことが求められています。
つまり、英会話のレッスンが小学生から行われているといっても差し支えはないでしょう。
一般的な日本人が大人になってから英語で自在にコミュニケーションをすることの習得に苦労している状況を考え合わせると、小学校から英語に親しむということは、かなり有効な学習方法ではないかと思われます。
もちろん、外国語ということであれば、英語に限らず、フランス語、中国語、スペイン語というのもあるのでしょうが、やはり多くの国々で使われているという点から、英語を習得するということは、ビジネスの世界において国際的な活躍をする上では、大変重要であることに違いはありません。
そして、国内にいては英語を使用する機会が少ないので、英会話の実力を向上させるためには、学校教育だけではなく、社会人になっても継続的なレッスンを続けることによって、英語によるコミュニケーション能力が身に付くもののではないでしょうか。